【桐蔭学園】サッカー強豪校出身者インタビュー 【ネルソン拓】

サッカー強豪校出身者インタビュー 第一弾

新しく始まる「StayDream – サッカー強豪校出身者インタビュー」の第一弾です!

このインタビューでは、サッカー強豪校で過ごしたプレイヤーの、生の声を質疑応答を通して簡単にまとめ紹介していきます!

留学サッカー強豪校出身者インタビュー1人目は弊社のミステル(講師)でもあるネルソン拓氏にお話を伺います。

そして今回のインタビュアーは、StayDream代表の宮川類でお送りします!

ネルソン拓 (Taku Nelson)

以下は簡単な彼のプロフィールです。

2010年07月 FC希望ヶ丘ライオンズ 入団
2012年04月 SCHフットボールクラブ 入団
2014年10月 第26回高円宮杯全日本ユース神奈川県大会 優勝
2015年04月 桐蔭学園高等学校 入学
2017年06月 全国新人ユース2017 優勝
2017年10月 第64回全国高校サッカー選手権神奈川県予選 優勝
2017年12月 全国大会2回戦敗退
2018年04月 慶應義塾大学総合政策学部 入学(現在も在籍中)

インタビュー開始!

それでは早速お話を伺っていきましょう!

[インタビュアー] こんにちは。

[ネルソン氏] こんにちは。

[イン] まずは簡単な自己紹介をお願いします。

[ネル] 慶應義塾大学総合政策学部2年のネルソン拓です。アメリカと日本のハーフですけど、生まれも育ちも日本なので、中身は完全に日本人です。サッカーは5歳の頃から15年間してきてきました。

[イン] アメリカと日本のハーフなんだね!サッカーの経歴も簡単に教えてください。(笑)

[ネル] そう、アメリカとのハーフ(笑)
中学時代は地元の強豪クラブでもあるSCH.FCというチームに所属していて、第26回高円宮杯全日本ユース神奈川県大会で優勝、関東大会でチーム史上初のベスト4になりました。高校は桐蔭学園高校に進学し、全国新人ユース2017で優勝、第64回全国高校サッカー選手権神奈川県予選優勝、全国大会2回戦敗退という結果で終わりました。

 

[イン] 中学といい高校といい、物凄い成績だね…!(笑) 中学3年生の時点で、色々なユースチームからオファーとかなかったの?

[ネル] そうだね、湘南工科大付属高校、昌平高校、日大藤沢高校とか、7つの高校からオファー(推薦)をもらって、その中には学費や交通費全額免除するという高校もあったんだよね。でも俺は全国に出たいという気持ちが強くあったから、オファーをいただいた高校を断って、神奈川県の名門高校である桐蔭学園に進学を決めました。

[イン] すご!有名校ばっかじゃん(笑) ちなみに桐蔭学園を選ばれた結果、見事に選手権出場となったけど、その点はどう?

[ネル] 自分のサッカー選手としての目標であった選手権の全国の舞台に立てたときの嬉しさは忘れないね(笑) 桐蔭学園を選んで本当によかったと思う!!

[イン]ちなみに慶應にはどうやって進学したの?

[ネル] 慶應には自己推薦(AO入試) だね。日本で初めてAO入試が導入された大学ということもあって難易度はめっちゃ高かったんだけど、なんとか合格したって感じ(笑) 高校三年生の夏は練習終わり必ず塾によって終電まで勉強してたし、文武両道できていたと思う。サッカーに打ち込んではいたが、桐蔭は練習時間は90分だけだったから、それ以外の時間は勉強するようにしてた。

[イン] 高校サッカーで練習時間90分って珍しくない?

[ネル] そうそう、90分だった!めっちゃ効率よかった。

[イン] スペインとかもそうだけど、基本練習時間短い方がメリハリとかあって、効率的で、すごくいいよね。

[ネル] うん、文武両道できる人であれば受験とサッカーを両立してできるし、他の興味ある分野にも没頭できるからいいと思う!俺は推薦入試でしたけど、俺以外に高校3年生の11月まで一緒に練習をしてそこから一般入試で東京大学に受かった友達もいたからね。(笑) サッカーが理由で勉強できないっていうのは本当にもったいなくて、ちゃんと勉強できる時間も必要だと思います。

[イン] そうだよね。じゃあ最後に、高校サッカーを目指すサッカー少年たちに一言と、これからの意気込みについてお聞きしても宜しいですか?

[ネル] 今現在サッカーをしてる子供達は近い目標から大きな目標まで持ってると思います。やっぱり目標をもってその軸を意識してサッカーすることが、レベルアップの上ですごく大事だと思いますね。あとは、サッカーのみならず学問もすべき!
これからの僕の意気込みとしては、これからサッカー選手や目指すものがある子供達のサポートをしてその目標が達成できるようなサポートを心がけます。是非一緒に頑張っていきましょう。

[イン] ありがとうございました。

[ネル] ありがとうございました。

【参考:ネルソン拓 | ゲキサカ

後書き

今回は留学サッカー強豪校出身者インタビュー1人目として,ステイドリームグループのミステル(講師)でもあるネルソン拓 氏にお話を伺いました。

実は代表でもあるインタビュアーの私とネルソン氏は大学のサークルが一緒で、たまにサッカーをしたり試合で活躍したり、非常に日常生活から親しい友人です。今回、こういったサッカー塾という事業を立ち上げるにあたり、手伝ってくれるとのことで英語圏を中心としたミステル(講師)として携わる予定です。

今後もこのような形で海外サッカーや高校サッカーをみなさまにたくさんお届けし,多くの方々にサッカーの魅力を知っていただけたら幸いです。

StayDreamからお知らせ

みなさんも海外でサッカーに挑戦しませんか?

サッカーの海外留学に興味を持っていただいた方は是非,我々にご相談ください!

ステイドリームグループが全力でバックアップいたします。

お問い合わせ等は以下のページで受け付けていますので,どうぞお気軽にご相談ください。



Ruy Miyagawa

山梨県出身。流経大柏高校を経て、慶應義塾大学に進学。日本サッカー界に革命を起こすべく、活動中。StayDream創設者。