海外サッカー留学に留学会社やエージェントは必要ない?

はじめに

今回は、海外サッカー留学をする際に留学会社やエージェント(代理人)にサポートを頼む必要があるのかどうかについて話をしていきたいと思います。

海外へサッカー留学するおよそ9割以上の人(体感)が留学会社やエージェントを使って海外へ渡航し、現地でサポートを受けているかと思います。

しかし、海外サッカー留学に留学会社やエージェントは必ずしも必要なものではないです。

まず、エージェントに頼むメリットとデメリットを説明していきます。

留学会社やエージェントに頼むメリット

サッカーに集中できる

VISAの取得から空港送迎などまで全てエージェントの方がやってくれるので、自分は何もせずにただサッカーに集中しエージェントの方が紹介してくださったサッカークラブのトライアルで結果を残すだけで大丈夫です。

エージェントの方にお任せすることで、自分で何もかもやる時間と手間が省けます。

留学会社やエージェントに頼むデメリット

お金がかかる

エージェントの方に頼むと、高額のお金がかかります。

相場で言うと20~40万円ほどのお金がかかります。

少し調べれば自分でできることもやってもらえてしまう

少しインターネットで調べたり人に聞いたりすれば自分でできること(VISAの取得や携帯電話の契約)をエージェントの人にやってもらえてしまうので、自分で何かを調べたり人に聞いて自分でやる力が付きにくいです。

契約が決まった後からは基本的には自分で全てやって生きていかないといけないので、エージェントの方に頼りっぱなしだった人はそこで困ってしまう可能性があります。

 

では次に、エージェントに頼む必要があることとエージェントに頼まずに自分でできることについて説明します。

留学会社やエージェントに頼む必要があること

サッカークラブ探し

所属するサッカークラブを探すときにエージェントの方の力を借りるととても心強いです。

エージェントの方は現地のサッカークラブへ選手を何人も送り込み、そのサッカークラブの監督との間に信頼関係とコネクションを築いています

なので、「あのエージェントが送り込んでくる選手なら信頼できる」というポジティブな印象を監督へ与えることができたり、色々なクラブへのコネクションもあります。

しかし、最悪エージェントに頼らずとも自分でもできます。

サッカークラブのメールアドレスをホームページを探してきて、そこに履歴書とプレービデオを送って練習参加することができるケースもあります。

契約内容の交渉

こちらもエージェントの方の力を借りることをオススメします。

契約内容の相場を知らずにクラブ側の言うがままに契約してしまうより、エージェントの方を通して交渉してもらったほうが良い契約を結べる可能性が高いからです。

なぜなら、エージェントの方はこれまでも契約交渉をしてきたので経験があり、なおかつそのリーグだったりそのクラブでの契約内容の相場を知っているからです。

しかし、こちらもある程度の語学力と交渉力がありって給料の相場を知っている場合はエージェントを付けずとも自力でできます。

留学会社やエージェントに頼まずに自分でできること

空港送迎

初めて行く国であったり少し治安の悪い国である場合は、空港から宿までの道のりが少し怖いなという思いがあるかもしれませんが、それにしてもわざわざ空港送迎を留学会社の方に頼む必要はないです。

自分で調べて公共交通機関を使えば、自力で宿までたどり着けると思います。

海外へ行くのが初だったり、空港に着くのが深夜の場合などしてどうしても不安な場合は留学会社の方に頼んでも良いかもしれませんが。

VISAの取得

VISAの取得方法などは、インターネットで調べればほとんどの場合やり方が日本語でも書いてあります。

その記事に沿ってやればほとんどの場合簡単に取れるのでVISAは自力で取得できます。

銀行口座開設

銀行口座の開設は自力でやるのは少し難しいかもしれません。

しかし、インターネットで調べれば日本語でやり方を解説してくれている記事があることもありますし、インターネット上や窓口でGoogle翻訳などを駆使しながら行えば自分でできます。

語学学校への申込み

もし語学学校へ行く場合は、こちらもインターネットで学校を探して自分で申し込むことができます。

授業の値段やコマ数などを比較しながら自分の好きなように選ぶことができるので、自分でやることをオススメします。

こちらもGoogleで「(行く国の名前) 語学学校 申込み」などで調べれば、余程マイナーな国でない限り日本語の記事が出てくると思います。

現地での携帯電話の契約

日本で自分の携帯をSIMロック解除してSIMフリーの状態にしてからいけば、現地または日本でSIMカードを買ってSIMカードを入れ替えるだけで現地でインターネットが使える状態にすることができます。

SIMカードを有効に使えば、わざわざ現地の携帯会社と契約を結ぶ必要もなくインターネットを使うことができます。

*SIMカードやSIMフリーが分からない方は、ぜひインターネットで調べたり携帯会社の窓口に聞きに行ったりしてみてください!海外に行くなら必須の知識です。

住むアパートの契約

こちらも少し難しいですが自分でインターネットでアパートを紹介しているサイトを調べて内見し、契約を結ぶことができます。

住人を募集しているアパートを掲載しているサイトをまず見つけて、そこで気になったアパートに内見を申し込んで、そのアパートを気に入ったら契約をするというのが大体の大まかな流れになると思います。

まとめ

今回は

  1. 「留学会社やエージェントに頼むメリットとデメリット」
  2. 「留学会社やエージェントに頼む必要があることと自分でできること

について書きました。

留学会社やエージェントに頼むメリットとデメリットについてまず理解し、自分でできそうなことと留学会社やエージェントに頼んだほうが良さそうなことを見極めて、ぜひ海外サッカー留学にチャレンジしてみてください!

StayDreamからお知らせ

みなさんも海外でサッカーに挑戦しませんか?

サッカーの海外留学に興味を持っていただいた方は是非,我々にご相談ください!

ステイドリームグループが全力でバックアップいたします。

お問い合わせ等は以下のページで受け付けていますので,どうぞお気軽にご相談ください。



Masayuki Hagiwara

愛知県出身。刈谷高校を卒業後、国際基督教大学(ICU)に入学。鎌倉インターナショナルFCでプレーの後、大学を休学してオーストラリアでサッカー選手として活動中。